洗顔美容家電の種類

洗顔美容家電の種類

洗顔ブラシの痛み

ブラシを使って洗顔するので、歯磨きのように刺激して、痛みがあるのではないかと思うかもしれません。ヘッドはブラシの形状となっている製品も多く、見た目は痛そうな印象を受けます。しかし痛みはなく、洗顔ブラシの毛先は、髪の毛のような細い素材で作られているので、柔らかく、使ってみると背中を撫でるような感覚になります。使用するときも、ブラシでごしごしこすって汚れを落とすような使い方はせず、洗顔剤を付けた後、ブラシを顔全体に伸ばしていくようにして使います。

使用すると肌へのダメージが大きいように思う方もいますが、場合によっては手で洗うよりもダメージは少ないです。手だと、どうしても力を入れることもあるのでダメージになりやすく、それでいて毛穴の汚れは残りやすいです。洗顔ブラシは柔らかい毛のブラシで洗い、撫でるようにして使うので、肌へのダメージは少なくなります。

ただし間違った使い方をすれば、肌へのダメージは増えて、使用後にヒリヒリすることがあります。これは無理に強く押し当てて使う、1日に何度も使うなどの使い方です。顔全体を優しくマッサージするようにして使うと良く、ブラシではなく洗顔剤の泡で汚れを落とすようにして使いましょう。